« 300万円台で生き抜け | トップページ | タバコ値上げ »

2010年9月30日 (木)

領土問題にCTU

093001そりゃそうなるだろと思うが、今度はロシアのメドベージェフ大統領が北方領土に行くと発言しているようだ。

中国とも、韓国とも、そしてロシアともややこしい話しになりそうだ。

もっとも、多くの国で領土領海問題というのは熾烈であって、見てみぬ振りのような今までがおかしいのだと思うけれど。

自分達の領土領海だと思うなら主張行動すべきだろうし、違うと認めるのなら何があっても黙っておくべきだろうし。

この「境界」問題は住宅街でもご近所さんと先祖代々の揉め事であったり、殺人など事件にまで発生する事柄なのでそれが国同士となればそれはそれは大きな話しになるだろう。

確かに「生存競争」みたいなものだから深刻なのだろうけれど、テレビを見ているととても妙な気持ちになる。

散々、「オレの領土だ」「いやこっちの領土だ」という言い合いを映した報道を見た後CMに入り、例えば携帯電話で「グローバル!」「世界に国境はない」とかいうべたついた台詞を聞くと一体今起こっていることはなんなのだろうかと考えてしまう。

ボーダレスだけれど、ボーダー争い。

皮肉なものだ。

 

しかし、近頃は少し露出が少なくなっていたロシアの要人の顔を久しぶりに見て今更ながら思った。

ジャックバウアーに似てる。

時を同じくして24のFinal Seasonのレンタル開始に向けて過去の再放送も始まっているので見慣れた顔。

深刻な領土領海の問題なのに少し面白い。

こういう危機感の無さが最もいけないのだろうけれど。

|

« 300万円台で生き抜け | トップページ | タバコ値上げ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。